Top > 《紅帝竜バルバロッサ》
HTML convert time to 0.003 sec.


《紅帝竜バルバロッサ》

Last-modified: 2010-09-22 (水) 15:21:20

種族:ドラゴン 
属性:土 英雄点:2 レベル:6 攻撃:8 防御:8 進軍タイプ:歩行
スペル:火土*


○紅帝眼[戦闘]
〈対象:このユニット〉
自軍パーティが2体以上の場合、対象を「攻撃力:−2」&「防御力:−2」する。

ブロックなしなし
出現頻度極稀極稀
イラストレーター寺田克也寺田克也
フレーバーテキスト七星魔道史
マフィン伝
なし
カードセット復活の破壊神Gレギュプロモ
(復活/VF)

自軍パーティが2体以上だと弱体化してしまうデメリットを持つドラゴンの英雄。
しかし、一口に弱体化と言っても、平均的な6レベル以上のスペックは十分に持っており、豊富なスペル枠も相俟って英雄点2に見合った能力を持っている。
スペル枠に火土*があるため、《ペトリフィケーション》《ニードル・ピアシング》は勿論、*枠も使えば幅広く複合スペルも使える。
基本攻撃力、基本防御力が高い為、《ウォー・ドラム》を利用するのも単純ながら強力である。
《ウォー・ドラム》を使った後でも、スペル枠に土*が残っており、お供にアイテム枠かスペル枠があれば十分な対抗を見込めるだろう。
お供が、《ホブゴブリン用心棒》《ナイト・ウィスプ》《ナイトシェイド》の様な自爆系ならそれらが居なくなった後、このユニットだけならばスペックが元に戻る為「×特殊能力」を持ったユニットと相性が良いと言える。

このユニットだけになれば良いので、《隻眼の皇太子》《スパンコール・ラビット》のような手札に戻るユニットとも相性が良い。
上記の2体が《ウォー・ドラム》を使用すると、攻撃力9(10)&防御力9と同時攻撃になるか、《ウォー・ドラム》を止めるために1対抗消費した上で全力のバルバロッサと対峙するか、という選択を迫れる。