Top > 《林檎姫アップリケ》
HTML convert time to 0.009 sec.


《林檎姫アップリケ》

Last-modified: 2011-04-18 (月) 17:11:08

種族:スピリット
属性:土 英雄点:1 レベル:(2) 攻撃:1 防御:2 進軍タイプ:飛行
スペル:火土


○リンゴをあなたに[戦闘]
〈対象:自軍パーティ〉
対象に次の特殊能力を与える。
「□リンゴ爆弾[普通/対抗|チェイン
 〈対象:ユニット1体〉
 このユニットが「種族:サボテンマン」or「タイプ:アップリン」を持つ場合、対象に【2】ダメージ。
 効果適用後、このユニットを破棄する。」


ブロックなしなし
出現頻度極稀極稀
イラストレーターCHAN×COCHAN×CO
フレーバーテキストなしなし
カードセット暗黒卿の秘儀
(通常/VF)
Gレギュプロモ
(暗黒卿/VF)

単体でのスペックはマーガレットの攻防が入れ替わっただけだが、「□リンゴ爆弾」は地味ながら強力。
「×特別攻撃」等と同じスーサイド能力だが、破棄されるのは効果適用後のため、
使用後にスペルや能力を使う事も出来る上、一度の対抗連鎖中に何体組み込んでも、適用されなかった分は生き残る。
例えば、
対象に「□リンゴ爆弾」→対象が対抗して防ごうとする→さらにこちらが対抗して先に対象を倒す
という流れにすることができれば、最初の「□リンゴ爆弾」は適用されないため、使用ユニットが生き残る。

ただし単発のダメージが低いため、防御5以上の大型ユニットに使用するのは非常に厳しい。
またパンプアップ系の効果でしのがれると、対象は倒せないが効果は適用されるため使用ユニットが破棄されるという、
非常に不利な結果になるため、パンプアップ系の能力を持つユニット相手だと使いどころが難しい。
逆にミネルヴァデックや《道》デックなど小型ユニットの多いデックには有利といえる。

構築上のネックはやはりアップリンの数が少なすぎることだろう。
レベル1のアップリン達と比べると爆弾としてのコストパフォーマンスはやや劣るものの、
サボテンマンでも使う事が出来るため、現状そちらと組み合わせるしかない。