Top > 【五式アレックス】
HTML convert time to 0.006 sec.


【五式アレックス】

Last-modified: 2007-09-19 (水) 20:43:31
  • 特徴
    《アレックス》で5レベルをメインに据えたもの。


    基本的に単体で戦い、相手本陣を包囲して2体同時に本陣に攻める。
    地形は《トンネル》、《魔力の泉》の5リミットをメインにし、展開補助に《遠く遠く》、《ある日どこかで》を使う。
    単体で地形一つを支配できるため展開力は3レベルをメインにするよりも高い。
    ただしユニットを選ばないと対抗数では競り負けることが多くなる。


    5レベルで行く利点はなんといっても地形ロックにある。
    召喚能力を活かし高速にロックできるため非常に強力。
    6レベルドラゴンやハイランダーを主軸にした大型デックは動くことすらできなくなる。
    また《ある日どこかで》を使用する場合、タッチで《タイム・クエイク》を入れることで大型の除去を簡単にできる。


    8リミットの戦闘では不利になることが多いので、序盤のデックの回転が勝負を大きく左右する。
    なので初手が悪いときの早回しなどのテクニックも重要になる。



  • 組み方
    ユニットは基本的に5レベルだが、8リミットでも戦えるように3レベルもある程度入れておく。
    ただし、本陣戦では5レベル2体で戦うため、3レベルユニットをキーにするのは避ける。
    《トンネル》、《魔力の泉》は確実に3枚ずつ投入する。多くて損はない。
    手札が増えているなら《ゴースト》が地味に強力である。
    苦手なユニットも出てくるだろうから《ある日どこかで》、《タイム・クエイク》も入れておきたい。



  • 相性のよいデック
    • 6レベルドラゴン、大怪獣、ハイランダーを主軸にしたデック。ほとんどの戦闘を避けて勝てる。
    • 小型主体のデック。囲むため、パーティが複数作れないようなデック相手なら有利。
    • 《フェイルナン》、《リューナ》など守るべき地形の多いデック。こちらの展開スピードは圧倒的である。
  • 相性の悪いデック
    • 展開の速いデック。展開速度の勝負になる。
    • 大型除去に長けるデック。このタイプに対抗負けすると厳しい。